住宅はあこがれではなく現実的に考えること

わたしは、約7年前に新築一戸建てを建てました。そのとき、夫は、家のローンを組みましたがわたしは、独身時代の貯金を使って家の頭金をだしました。なので、家の名義は2人になっています。主人は、相続のときに2人いると面倒だといい、できるならば主人一人にしようとしたのです。しかし、住宅メーカーから一人にすると贈与税?何か無駄に税金がかかるようなことを言っていました。わたしは、独身時代せっせと仕事をして、コツコツ貯めたお金をだしているのに主人一人で家を買ったような形にするのは許せなかったので結果的に良かったです。マイホームを手に入れるのは大変なことです。一生に一度の大きな買い物です。失敗は、許されません。回り近所のリサーチもしました。回りにご近所にお隣にどんな人が住んでいるかはとても重要なことです。莫大な資金のかかる住宅を購入するのですから、慎重に選ばないと後で後悔することになります。回りの地域を何度も何度も訪れました。そして、様子をみたりもしまいた。一般的に、新興住宅地が人気があると思います。しかし、わたしはご近所が老人の多い地域にすんでいます。近くの新興住宅地は、田んぼを埋め立ててきれいにつくられていました。しかし、わたしは新興住宅地よりも古いけど地盤がしっかりしている土地を選びました。昔からある土地です。夫の要望で家を建てる前は何があったのか調べました。実際に地震があったときに震度6くらいにあいましたが、家の状態はほとんど災難は最小限ですみました。本箱が斜めに移動してあるだけでした。実家の方は、家全体が大揺れして壁が崩壊したり、食器棚から食器のほとんどが落ちて割れました。そして、壁紙もはがれ、ドアも歪んでしまいました。しかし、うちは地盤がしっかりしていたので信じられないほど、ほとんど変わりありませんでした。住宅を購入するとき、地震に強い家っていうのはいいですね。半壊であれば、地震保険であまり保険がおりません。全壊であれば、それなりにでます。地盤がしっかりしている土地をオススメします。田んぼは避けた方がよいです。なので、私は新居浜市で新築を建てて、本当に良かったです。

 

 

 

 

 

 

SEOアクセスアップ相互リンク集  マッサージのリアル口コミ   工務店向け集客ノウハウ  英語上達の秘訣  お家の見直ししま専科  女性向けエステ  貯蓄 生命保険の選び方 生命保険の口コミ 住宅リフォーム総合情報