コンセントは多めにして良し!

マイホームを作るにあたって、たいていどこでも言われていることだとは思うのですが、私が言いたいことにしても、「コンセントの差し込み口は多めにあった方がいい!」というものです。私は、去年の四月に新居浜市で新築を建てました。

コンセントの差し込み口は、多くっても不便することはないでしょう。

しかしコンセントの差し込み口の数が少なかったら、不便さを感じてしまいますからね。

マンションなどの賃貸物件ですと、自分たちの希望でコンセントの差し込み口を増やせませんから、不便だというものでしょう。

後からコンセントの差し込み口を増やそうとすると、工事が必要になります。

コンセントの差し込み口をマイホーム完成後に増やすことは、できなくはないことですけれど、はっきりと言えば「まあ、手間だ」というものです。

ですからこそ、マイホーム設計段階にて、コンセントの差し込み口を多めに用意しておくべきだと思うわけです。

使用する家電はある程度決まっているようなものですし、それに「だれがどこの部屋を使うか」といったことも、マイホームにおいてはある程度わかっているものですからね。

なので、コンセントの差し込み口は設計段階で配置や数もわかるというもの。そしてさらにいくつか多めに用意しておけば、生活の中で不便を感じることはないというものでしょう。