狭いながらも散らかった我が家

狭いながらも、というか、狭いからこそ散らかってしまうのですよね。収納スペースはあったらあっただけ物が増えて結局片付かないとはよく言われることではありますが、それにしてもやっぱり収納スペースは大事です。
我が家は1階(玄関・洋室1部屋・LDK・浴室など水回り)の収納スペースが半畳分の押入れと、ちいさな床下収納しかありませんでした。今、新築一戸建てのチラシなどを見ると、玄関にシューズインクローク、キッチンにパントリー、脱衣室にリネン庫と、まったくうらやましい収納スペースの充実っぷりです。我が家では前述の収納がないため、結局はなにかしらの収納家具や棚を購入して、居室空間はどんどんせまくなっていきました。洋室はもう半分が物入れのような有様です。
一戸建てを買う時は、広々した空間に目が行きがちですが、結局「目に見えない収納スペース」が確保されていないと、その広々していたはずの空間がモノであふれてしまうことを痛感しました。

四国中央市で一戸建てをお考えの方は、こちらの工務店を参考に見てみて下さい。